施術の方針・流れ

当院で使用する施術は大きく2つ。
それが“オステオパシー”と“足技+手技”です。

根本からの改善を目的としているのか?
疲労回復などの慰安に比重を置かれているのか?
それらの目的に応じ、施術プランを組み立てます。

オステオパシー

このような方へオススメ

  • 症状・痛みを根本から改善したい
  • 【揉み返し】のない、安全な施術を希望
  • 身体の歪み、バランスが気になる
  • 鏡で見た姿勢が何だか変だと感じる
  • 強い刺激に弱い方(学生・ご年配者)
  • ぎっくり腰・寝違い・頭痛・急な不調・関節痛・五十肩など、急性的な症状

足技+手技

このような方へオススメ

  • 疲労感が強く、身体全体が重だるい
  • ほぐされた実感が、しっかりと欲しい
  • マッサージやリフレクソロジーが大好き
  • 姿勢を整える施術との相性が、あまり良くない
  • 運動会、海水浴、登山、野球、テニス、サッカー、フットサルなどハードな運動後

症状や希望に応じ、双方を合わせた施術も行います。
特に希望がなくても、こちらでお客様の体に合った最善を模索して行いますのでご心配なく。

オステオパシー

応対

あなたの状態を詳しく把握する為、質疑応答をします。
具体的にどこが辛いかなど、遠慮なく仰って下さい。

1.応対

初見の方は、カルテにご記入頂いております。ご予約時間より5分程早めにいらして下さると丁度良いです。

酸素リフレ

高濃度酸素補給機(酸素リフレ)にて体の緊張を解き、整体施術に適した状態にします。(10分目安)

2.酸素リフレ

体の「副交感神経」のスイッチが入りやすくなることにより、体から無駄な力が抜けます。

撮影

まずは施術の前準備として写真を撮り、基本姿勢の確認&筋肉の硬直箇所や、歪みの度合いを調べます。

3.撮影

写真撮影(横・後ろの2枚)の後、歪み・筋肉の緊張具合を実際に確認し、施術方針をより詳しく見立ててゆきます。

下半身(足先~股関節付近)調整

血流の循環&歪みの度合いを実際に触って確認し、まずは下半身から調整していきます。

4.下半身

オステオパシーは“痛みや症状の出ている箇所だけでなく全体像から導き出した他の原因部位からアプローチする”という概念があります。

腹部(股関節~横隔膜付近)調整

こちらはうつ伏せの状態になって施術します。専用ベッドを使用するので、息苦しい等はありません。

5.腹部

施術は非常にソフトです。各内臓の疲れなども、お腹から調整していくケースが多く、横隔膜~そけい部の施術には時間をかける事が多々あります。

背部(腰~肩・腕関節)調整

身体のバランスを保つ上で重要なのが、中心にあるお腹や股関節です。そこの調整を行います。

6.背部

猫背になっていないか?胸郭の周辺が緊張していないか?過緊張になってないか?それらを判断しつつ、バランスを整えます。

頭部(頸椎~後頭骨付近)調整

僧帽筋周辺・頸椎・顎関節・後頭部と、いわゆる肩~頭までを調整していきます。

7.頭部

肩こり・腰痛の原因は、肩や腰の直接には無い事が多いです。骨盤、背骨、胸郭、頭蓋骨の骨格・筋肉のバランスを調整する事により、痛みの改善はもちろん再発を起こしにくい状態を目指します。

最終調整(PNF、全体修正など)

骨盤周りの調整、全体で見たバランスが崩れていないか、体液の循環の確認などを行います。

8.最終調整

最後に、簡単な状態の調整を行います。少し立ち上がって頂き、基本姿勢の確認→左右バランスや肩の内旋の有無、腰椎が反りすぎて負担になってないか…等

お疲れさまでした

術後の身体は、循環の改善もあり休息を求めている状態です。お車でお越しの方は気をつけてお帰り下さい。

お疲れさまでした

最終調整が済めば、最後に施術後の状態を画像で確認していただき、一通り説明を行い施術終了となります。

※ご紹介した流れは、数ある中の一例になります。
身体疲労・ぎっくり腰・寝違い・各関節痛など、ケースバイケースで施術する箇所も変わります。質問やご意向があれば、質疑応対時に遠慮なく仰ってください。